デキ婚ならではの怒涛の結婚準備とは?

日常生活

こんにちは、ぽむです。

今回は、私ぽむの古くからの友人が結婚するということで、結婚にまつわる記事を書いてもらいました。そちらを掲載していきたいと思います。

 

デキ婚特有の結婚事情!?

赤ちゃんを授かったことをきっかけに結婚の準備を始めました。お互いに仕事をしていて、同棲していたわけではなかったので、それはもう目まぐるしく生活が変わりました。

旦那さんは実家住まいで、私の一人暮らし、しかも私の実家は遠方で新幹線でいく距離です。お互いの親への挨拶から、両家顔合わせ、一緒に住むための準備と…やることだらけです。
しかも、仕事の合間や、休日に動くようにしなくてはならないのですが、旦那さんは割と多忙な方で、私が休みでも旦那さんはお仕事ということがザラにありました。
私はプラス、妊婦検診やつわりとの闘いもあり…自分で望んだことで贅沢な悩みかもしれませんが、とにかく辛かった。

今、思うとよくケンカもせずに無事に乗り越えらえたなと思います。
私の仕事の方は、体調が悪いのもあってちょくちょく休んでいたのも良かったのかもしれません。
旦那さんの親が、私の身体を気遣って下さり、早く一緒に住んだ方が安心でしょとよくしてくれました。
旦那さんのお尻を影でビシ

バシたたいてくれていたのだと思います。そのおかげか旦那さんは休む暇もなく仕事と私との結婚準備に邁進してくれました。

ウエディングプリンセスの結婚準備のマニュアルはとても便利でした。
お金もびっくりするぐらい飛んでいきました。引っ越しや新生活の準備にこんなにお金がかかるとは思いませんでした。プラス赤ちゃんのこともあったので、湯水のようにお金がなくなっていきました。幸いにも、お互いの親からの援助がありなんとか乗り越えられた次第です。親の援助がなかったら、破綻してました。

私たちは、結婚式はしておらずフォトウエディングのみやったのですが、知り合いには、デキ婚で式を挙げて二次会までやった人もいるので、その準備もしていたと想像すると、「本当にすごいな。」と感心するばかりです。式抜きでもいっぱいいっぱいだったので、式の準備している人はどうやってやったのか逆に気になるぐらいです。
何にせよ、最低限のことを終え、無事に新生活スタートして入籍し、楽しい新婚生活を送っています。

 

いかがでしたでしょうか? どうしても時間が足りなくなりがちなデキ婚。

その中で、いかに結婚式等の準備を進めていくか、非常に大切なことだと感じました。

 

参考記事:ウエディングプリンセスの結婚準備のマニュアル

タイトルとURLをコピーしました