今後の共通テストの動きに対応するためにスマホでの受験対策の勉強法〜アプリ、動画、ブログ「HIMOKURI」などの紹介

未分類

 

昨今、大学入試共通テストで英語について「外部民間試験の導入の延期」が11月1日に発表になりました。これを受け、大学、高校、学校関係者、予備校や塾など大騒ぎとなっております。具体的に何が変わって、何が変わらないのかという事を解説し、それに伴いどのような勉強がおすすめか検討していきたいと思います。

2020年共通テストで変化すること

今回の発表を受けて英検をはじめとする外部民間団体による試験の導入について延期が決定しました。そこで、「共通テストがなくなるの?」「センター復活するの」などという声が上がってきています。

しかし、結論から言うと2020年の共通テストは無くなりません。具体的にどう変わるかというと大きくは以下の3点です。

①センター試験という名称が変わる
②英語の配点がリスニング100点、リーディング100点という配点になる
③国語と数学に記述式問題が出題される。

本来なら④英語の外部民間団体の試験のスコアを英語に代替できるという話でしたが、この話が延期されたというのが実情です。

そして、受験生のみなさんにとって①は正直どうでもいいと思いますが、②③は大事です。英語のプレテストを見るといきなり読解の長文が出題され、国語は契約書が出るなどかなりの読解力を必要とする形になります。

そこで、この2020年の共通テスト対策についてかなりの読解力が必要となります。そこでスマホなどを利用して「HIMOKURI」などの勉強ブログを参考書がわりに勉強していくのがいいのではないかと考えます。

以下、共通テストの読解力を身に着けるにあたって各々の勉強方法を検討していきます。

そもそも携帯で勉強ができるのか

そもそも携帯で勉強ができるのか、疑問に思われるかもしれません。

内閣府の調査によれば、高校生のスマホ所持率は51.6%で、何らかのネット接続可能の機器の所持率は92.3パーセントだそうです。(内閣府「平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」)

つまり、ほとんどの高校生はネットにすぐに触れられる環境にあるのが現状です。そして、携帯などネットモバイルを有していることで多くの情報に即時的に触れることができます。

もし、勉強を従来の参考書や教科書で行おうとしても非常に荷物が嵩張り自由にどこでも勉強が可能とはなりません。

そこで、現状に合わせた形でスマホなどを利用して勉強する方法は今後一層学生に広まっていくことと考えられます。

勉強動画の可能性と弱点

昨今、Youtubeをはじめ様々なメディアで勉強の動画が多くアップロードされています。その内容としては非常に面白く聞いていて飽きないものばかりです。気づいたら1日中Youtubeを見ていたなんてこともあるでしょう。

そこで入ってくる情報は有益なものも多く無料で質の高い勉強動画を見れるというのはかなり受験生にとってありがたいです。

ただ、Youtubeなどの動画を見て勉強する方法はどうしても動画だと得られる情報量が制限されてしまい網羅的に勉強するのが難しいというのが現状です。10分20分という時間で伝わる情報量は文章媒体に比べて恐ろしく効率が悪く、あくまでもサブ的に利用するというのが現状です。

しかも、今後共通テストで求められる読解力は動画からはなかなか得られないという問題もあります。やはり右から左へ流れてしまうというのが問題といえるでしょう。

読解力を鍛えるには圧倒的に文章を読む力を鍛えないといけないのでその意味でも動画で勉強するというのはなかなか難しいよう思えます。

アプリで勉強することのメリットとデメリット

世の中にはターゲット1900の単語アプリやmikanなど様々な勉強系のアプリが充実しています。そこで、知識の暗記を充実させるためにアプリで勉強するというのが一部学生で盛んです。

これらのアプリはクイズ形式になっているものが多く中にはA Iのアルゴリズムで自分が苦手とする分野の問題を受けることができ、知識の定着に適していると言えます。また、勉強時間を管理できるので自己管理ができメリットが大きいです。

しかし、これらのアプリの問題点はクイズ形式で基本知識を確認するというのには適していますが、文書を読んで思考するというのには適していません。その点で共通テストの読解力を身につけるというのには適していません。

ブログで勉強するメリットとデメリット

ブログは記事が集まって様々な知識を得るのに簡易な方法です。もっともブログは雑多な記事が集まり体系的に勉強がしづらいように思えるかもしれません。

しかし、例えば「HIMOKURI」では勉強方法や講義、問題演習とそれぞれ別に組み立てて構成されており、知識を体系的にいれて身につけるには優れている方法だと言えます。

しかも、記事内には有名私立大学の記述問題が入れ込まれており、思考しがら読むならばかなり読解力もつき共通テストに対策となると言えます。

なかなかブログで勉強するということはなかったですが、この機に取り入れて見てもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました