【医師必見】開業医を目指すには? 調べてみた

仕事

お医者さん。みんな憧れの職業ですよね。私も、小さい頃はお医者さんになることを夢見たものです。

私たちがよくかかるのは、地元で診察をしているお医者さんのところ。病状があまり良くないという場合には、そのかかりつけ医から、大学病院等に紹介状を出してもらって、診察・治療を受けるのが一般的だと思います。

そんな、街によくある「開業医」ですが、普段はあまり意識しないですが、彼らも、立派な個人事業主の一人です。

今回は、患者ではなく、起業家としての医師、すなわち「開業医」について調べてみました。

開業にかかる費用

「1億」以上!?

しょっぱなから仰々しいタイトルですね。

医師が開業するには、もちろん経験・信頼も必要ですが、最初に必要になるのが、「お金」。

その大体の金額は、8000万円〜1億5000万円 といったところです。

その費用の大きな割合を閉めるのが、

・内装
・医療機器
・運転資金

の三点とのこと。

これらは、開業場所、開業規模等によっても変わってきますが、やはり医師の方でなければ賄うことのできない費用であることには間違いがなさそうです。

開業医の年収

とある統計によると、開業医の平均年収はなんと2000万円

大学病院で勤めている、いわゆる勤務医については、年収が1500万円程度ですから、その年収はかなり高くなると言えます。

しかし、開業するにあたり、5000万〜1億円程度の借金をしている方も少なくなく、その借金返済の費用を考慮すると、特段年収が高いわけではなさそうです。

失敗のリスク

開業ともなると、心配になるのが、失敗のリスク。

近年、医療に対する需要は高まり続けているとはいえ、「確実に」成功するということはないのですから、懸念材料とも言えるでしょう。

そこで、開業に対してサポートをするのが、マイ・ポジション。

医師に対して、開業について適切なアドバイスのもと、より良い方向へと導いてくれます。

気になった方は、参照してみると良いでしょう。

マイポジションFCマーケティング部

会社名 株式会社マイ・ポジション
住所 名古屋市千種区山門町2-69 フルライフ覚王山2階
最寄駅 覚王山駅
電話番号 052-766-5952

タイトルとURLをコピーしました