いまさら聞けないFXのあれこれ

fx 仕事

最近は海外FX業者でFXトレードをしているといった声を良く聞きます。
・レバレッジ500倍や1,000倍で少ない資金からFXトレードが出来る。
・公式サイトが日本語で作られているので障壁がない。
・ゼロカット(追証なし)システムで借金リスクが無い。

これらが海外FX業者の選ばれる理由として多いものになるのでしょう。
そもそも海外FX業者は日本の金融庁管轄外となるわけで、安全性は大丈夫なのでしょうか?インターネットで検索をすれば「海外FXのことならWORLD FX(ワールドFX)」のようなそれらを解説してくれているサイトやブログも多いわけですから、国内FX業者と比較してメリットやデメリットをしっかりと理解してから口座開設するようにしましょう。

 

レバレッジとは

日本国内では「レバレッジの高い(いわゆるハイレバ)取引はリスクが高い」と刷り込まれています。確かによくレバレッジ100倍などハイレバトレードをして一攫千金を得たりという話も聞きましたし、その一方で予期しない方向に為替が大きく動いてしまったときには借金を作ってしまったりと、ハイリスクハイリターンの印象があるのもFXではないでしょうか。※国内FX業者では2011年以降レバレッジ上限25倍までという制限が設けられました。

「ハイレバレッジ=リスク」そんな情報が多くある中で逆に考えれば「レバレッジが高いと、危険どころか、少額の資金でトレードができ、元本を失うリスクを低く抑えられる」ということに気付ける人は少ないかもしれません。

今現在の国内FX業者のレバレッジは25倍となるわけですが、1,000万円分のトレードをするためには資金40万円が必要ということになります。仮に海外FX業者の場合にはレバレッジ1,000倍を提供しているところもあり、その業者を利用する場合は、同じ1,000万円分のトレードをするために資金1万円でいいわけです。
レバレッジが25倍であろうと1,000倍であろうと、為替の相場は一緒ですから、大きな為替変動によって万が一損害が生じてしまった際(※1)には、資金を失ってしまう額として、レバレッジが大きいほうがリスクを軽減できますね。

つまりは低レバレッジで取引することが必ずしも正しいわけでも、重要でもなく、「高いレバレッジのリスクとメリットを正しく理解し、トレードに活用していく」ことが重要なのではないでしょうか。時期はまだ未決定も、金融庁では国内FX業者におけるレバレッジの上限を10倍とすることが決定事項として公表されています。

※1
海外FX業者はゼロカットシステムという制度を設けているところが大半です。
国内FX業者の場合は、大きな損失が発生してしまった際には、追証といって、負債分を補填する請求が発生します。
これに対しゼロカットシステムは、為替変動に応じてトレーダーの資金維持率から計算し損失が発生しそうなタイミングで自動的に決済(損切り)が実行されます。つまりは口座に入金した資本金以上に借金を背負うリスクが無いということです。

タイトルとURLをコピーしました