【迫真】プロポーズでいうべきベストの言葉は何?

marry 日常生活

こんにちは、ぽむです。

最近、なかなか幸せなニュースというものがないのですが、こんな時にこそ考えたい、なんてこともあります。

コロナ後の楽しみ、自分の理想の生き方、友人との飲み会…考えれば考えるほど楽しい気持ちと、もの寂しい気持ちが両方ともこみ上げてきますよね。

そんな感じで、男性として今回はプロポーズの言葉について考えてみたいと思います。

プロポーズのときに心がけたいこと

プロポーズは、言わずもがな交際しているカップルの片方(主に男性)が、相手に対して結婚を申し込む行為のことですね。

周りの結婚されている方や、芸能人なんかでも「プロポーズのときどんな言葉をかけた?」なんてのはよく話題になって、惚気の材料にもなりますよね。

一般的に、プロポーズは幸せなことの一つとして位置付けられています。結婚することが、一つの夫婦の愛の象徴として捉えられていて、結婚を導くものとして、プロポーズは重要な役割を果たして居るといえるでしょう。

「失敗」しないこと

それぞれの愛の形があるので、プロポーズにも「正解」はありません。お互いにとって、一番素敵だなと思えればそれでいいのです。

一方、全員に共通の「失敗」もあると思います。例えば、指輪を忘れてしまったり、セリフをいい間違えてしまったり。

後になってしまえば笑い話にもなりますが、ここはしっかり成功させたいもの。なんせ、それでプロポーズ失敗したら、元も子もありませんものね。

プロポーズの言葉選びは慎重に

これについても、正解はありません。自分の言葉をつなげて、自分の思いを綴るのが、本来のプロポーズのあるべき姿です。

もっとも、プロポーズはたいていの人が人生で一回きりですし、なんて言葉をかけたらいいかわからない、なんて人もたくさんいることでしょう。

そんなときには、いわゆる「ベタな言葉」を参照して見るのもいいでしょう。オリジナルの突飛なフレーズだけよりも、ベタな言葉も織り交ぜて伝えることが、より、お相手に刺さることでしょう。

そんなことで、プロポーズの言葉をまとめたサイトをご紹介いたします。

こちらには、120もの言葉があり、自分にとってベストな言葉選びをすることができます。

プロポーズの言葉で迷っている方、私みたいに妄想したい方(笑)は、ぜひ参照してみてください!

タイトルとURLをコピーしました