ポスター印刷はスピードが命?調べてみた

poster 仕事

皆さん、こんにちは。ぽむです。

なかなか厳しい状況が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

特に、お店を経営されている方にとっては、厳しい上半期だったのではないでしょうか。

自分のお店を知ってもらい、来てもらうことって、すごく大変ですよね。
一方で、集客は、店の売り上げのキモとなる、大事な要素です。

私も、なかなか最近は集客がうまくいかずに苦戦しています(笑)。

そんな与太話はさておき、みなさんはどのように集客していますか?

実は、ローカルなお店にとっては、ポスターがめちゃくちゃ効率がいいんです。

今回は、そんな集客方法の一つである、「ポスター」について、みなさんと一緒に考えていけたら、と思います。

ポスターの特徴

ご存知の通り、ポスターは壁などに貼り付けて、ある特定の内容を表現する紙のことをいいます。

昔は、宣伝のためにデカデカと紙を使うことはなかったのですが、最近では、政治家のみならず、いろいろな企業が駅などにポスターを出していますね。

ポスターは、以下のように、何かを伝える際に非常に効果的です。

多くの人に伝わる

ポスターを貼る場所にもよりますが、人通りの多いところに貼り出すことで、多くの人が目にする機会を作ることができます

そうすることで、興味を持ってくれる人も増えて、集客アップにつながります。

 

誰にでも伝わる

大きな紙に、イラストや写真メインでポスターを構成すれば、誰にでもわかる内容のものが出来上がります。

誰にでも、「あ、これは〇〇屋さんなんだな」と思わせることができます。

まずは簡単な内容で心を掴んでから、パンフレットなどで詳しい内容を紹介しましょう。

その場所にいる人に伝わる

ポスターは、webサイトなどのインターネット上のコンテンツとは違い、オフラインです。そうすると、ポスターを見るひとは必ずその場所を通る人ですよね。

渋谷など、誰もが集まるような場所は別ですが、いわゆるみんなの地元には、住んでたり、仕事場がそこであったり、その場所になんらかの形で関わってる人しかいません。

ローカルなお店にとっては、地元のお客さんを集めたいんですから、webサイトよりもまず最初に着手するべきといえるでしょう。

 

ポスター作成時の注意点

専用の機械が必要

ポスターはサイズや使用する用紙にもよりますが、用紙サイズが大きい場合、専用のプリンターが必要になります。

また、使用する用紙に対応したプリンターを用いる必要があります。

家庭用のプリンターでは、厳しい面があるでしょう。

 

完成までのスピードを意識する

ポスターは完成して貼り出してから、効果が出るまでに少し時間がかかります。多くの人が目にするまでには、長い時間貼られている必要があるからです。

ですから、注文してから完成までのスピード感を非常に大切にしてくれる業者に頼みましょう。

ここを疎かにする業者は、ポスターの価値を半減させていると言っても過言ではないでしょう。

瞬速プリントサービスでは、その名の通り、スピードを意識した納品を提供してくれます。

ポスター制作で何か迷ってる方は、お問い合わせもできるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました