【除菌】withコロナ時代にはスマホコーティング

スマホ スマホ

こんにちは、ぽむです。

皆さんは、コロナが発生してから、どんな一年をお過ごしでしたでしょうか。私は、予定されていたイベントが悉く中止ないしは延期となり、友達との接触機会も減少、などと散々な日々を送っております。仕事関連についても、やはり対面で行われる回数が減少して、オンライン上で解決させるということが増えて、悲しいです。

個人的には、普段よく会っている人との接触は、どちらかというと安心を自分の身に与えてくれると思いますが、一方で新しい人との出会いは、自分の中の何かに刺激を与えてくれる、そのように感じております。
自分に新しいものをもたらしてくれる人の存在は、自分の生き方を根本から見直して、良い方向に変えてくれるような気がして、私は非常にありがたく感じております。

どんな立場の方であれ、少なくとも人と関わる機会というのは減ってきているのかな、と感じております。世間的にも、人との接触回数を減らすことが善とされ、その方向にシフトした企業は高く評価される傾向にあると思います。

前述の通り、個人に限らず企業のような団体においても、新しい人との出会いが何かの革新をもたらしうるということは少なからずあると考えているので、全世界の中で新たなイノベーションが少しばかり減少してしまったのではないか、などとどうでもいいことを考えております。

そんな折ですが、最近は、何かと除菌が騒がれてますよね。テーブルについた菌や、PCやスマホについた目に見えない菌・ウイルスを取り除いて、某感染症の対策を図ろう、ということですね。

かくいう私も、面倒だとは思っているのですが、罹ったらやばい、ということで、かなり几帳面に対策しております。

帰宅直後のアルコール消毒から、手洗いうがい、食事の際の注意、等々、、、。自分でうやっておいて何なんですが、色々と世知辛い世の中ですよね。

あれもこれも、全部あの禍々しいウイルスのせいだ、、、なんて、普段通りの生活を送ることのできないぽむは、常々思っております。

ただ、そんな除菌ですが、効果があるのかもよくわからないし、毎回毎回やるのも本当に煩わしいなぁ、なんて思いますよね。そこで発見したのが、スマホの除菌コーティング。これが実現すれば、日々の除菌のわずわらしさから解放されて、少しばかり自由な日常が取り戻せるかな、なんて考えております。

とりあえず、コロナ関連の面倒さは今すぐに取っ払いたい!というのが私ぽむの意見です。笑

今回は、そんなスマホコーティングについて調べてみました。

 

スマホコーティングとは

スマホコーティングって、かっこいいけど何だろう、って思いますよね。

そもそも、スマホコーティングとは、その名の通りスマホを包み込む加工を施して、全体を保護するコーティングをすることをいいます。

私たちが普段スマホケースに入れたり、液晶に保護フィルムを貼って、壊れないようにカバーしたりするのと、やってることは似てますね。
ですが、衝撃吸収力が弱かったり、うまく貼れなくて、やった後に後悔することってありますよね。

その点、スマホコーティングは、スマホをめちゃくちゃ頑丈かつ、安全性の高いシロモノに進化させてくれる点が特徴的です!

コーティング作業はわずか10分

そんなコーティングだったら、あれよあれよと厳重な作業場に持ち込まれて、まるで大手術を待つ患者家族みたいに、長い時間待たされるんじゃないか、なんて思いますよね。(んなわけあるか)

ですが、なんとこのコーティング作業わずか10分ほどで完了するそうです。一安心。
ちょっとそこらでウインドウショッピングしてれば、スマホが強化されて戻ってくるんですから、これ以上の喜びはないですね!

 

スマホコーティングの効果

さてさて。ここで気になるのは、スマホコーティングの効果でしょう。

こんだけ引っ張っておいて、実は何の効果もありませーん、なんて言ったらひんしゅくを買わずにはいられませんね。

8つの機能で満足度高し

ご安心ください。8つもの機能があなたを歓迎してくれます。

まず、スマホを守る機能として最も重要な耐衝撃性
硬度10Hで、日常生活で生じる衝撃では、スマホを傷つけることすらできなくなります。とりあえず、スマホケースとの代替性はありそうです。

そして、コロナ禍で特に重要とされる機能として、抗菌・除菌・抗ウイルス機能が挙げられます。これでさっき言ってた毎日スマホを拭き取る苦労から解放されますね。もうスマホケースを超える性能を身につけております。

そして、テレワーク等オンライン活動の多い現在に地味にありがたい、ブルーライトカット機能
私は元々PC業務が多いのですが、コロナ禍でかなり視力が落ちてしまったという自負があり、こういった機能はすごく嬉しいですね。目立たないけども。

さらに、これも本当に細かいのですが、液状のコーティング剤を施すので、コーティングに伴う気泡がゼロ
なぜなのか本当にわからないのですが、なんか気泡って気になって作業のやる気を絶妙に削いでくるじゃないですか、それがなくなるだけで何だか不思議と作業効率も上がっているような気がしますね。

こういった種々の機能があり、スマホコーティングをする必要性を非常に強く感じましたね。

 

費用等

皆さん気になるお金の時間がやってまいりました。私も実は一番ここが気になっていたんですよね。

こんだけ機能十分だと、さぞかし費用がかかるんじゃないんですか、と思いますよね。少なくとも私はそう思いました。

お値段は、ジャジャーン!

3000円です!

おお、これは何というか、かなりお買い得ですかね?
一見すると、スマホ加工という点を考えるとちょいとお高そうですが、なんだかんだめちゃめちゃ硬いガラス製の保護フィルムとかも3000円くらいしますし、そこに抗菌機能とかが付いてくると考えたら、画面を消毒する日々の手間とかも色々考えたらかなりお買い得なのではないかと思います!

 

加工方法

では、実際に加工してもらおう、と思い至った場合、どのようにすればいいのでしょうか。

スマホコーティングを提供している、G-PACKによれば、①来店する、②出張してもらう、③配送してもらう、という方法があるそうです。私のような出不精は、②・③があるのが非常にありがたいなぁ、と感じております。

それぞれ、もう少し詳しくみてみましょう。

来店は店舗数も多くスピーディ

①の来店ですが、ネット上で来店予約をした上、来店して、スマホを手渡して10分ほど待って完成という超シンプルな流れです。
しかも、日本各地に店舗があるので、平日のちょっとしたタイミングで、サクッとできちゃいそうですね。

出張加工は外出不要でラクラク

来店はちょっとめんどいなあっていう僕みたいな方には、出張に来てもらうのがいいでしょう。出張対応エリアであれば、即日対応してくれる場合もあり、こちらも非常にスピーディです。

このご時世では自宅からテレワークをしている人も多いでしょうし、非常に使いやすそうですね。

郵送はどこからでもOK

郵送は、数日かかってはしまいますが、近くに店舗がない場合にも可能な手法です。調べてみたところ、私もちょっと軽く行けそうな店舗はなかったので、郵送での方法を検討してみたいと思います。

 

まとめ

スマホコーティングは保護フィルムいらずで性能も高いので非常におすすめです!

加工自体も簡単で費用もかからないので、ぜひ試してみてください。

スマホコーティング

タイトルとURLをコピーしました