コラーゲンの役割とはたらき、ほうれい線への効果

ほうれい線が気になる女性 日常生活

コラーゲンは、ほうれい線ケアに効果があるの?

お化粧品やサプリメントなどによく配合されていて、一度は、耳にしたことがあるコラーゲン。
そんなコラーゲンを使えば、ほうれい線のケアができるんじゃないかとお考えの方も多いのではないでしょうか。
ひとことにコラーゲンといっても、お肌の真皮にあるコラーゲンから、お化粧品、サプリメント、ドリンクやゼリーなどの食品、美容医療で使う注入用のものまでさまざまなものがあり、その役割や期待できる効果もそれぞれ異なります。
だから、コラーゲンでほうれい線のケアができるかどうか一概に答えることは難しいです。
そこで、今回はナールスエイジングケアアカデミーのほうれい線の改善・解消にコラーゲンは効果があるのか?を参考にしてコラーゲンの役割やはたらき、そしてほうれい線への効果についてご紹介します。

コラーゲンとは?

コラーゲンの役割の前にまず、コラーゲンとはなにかを簡単にご説明します。
コラーゲンは、「膠原線維(こうげんせんい)」とも呼ばれる、たんぱく質の一種で、アミノ酸でできています。
実は、コラーゲンとは、お肌だけではなく、骨や関節など身体のさまざまなところにある成分で身体にあるたんぱく質のうち30%を占めています。
そして、コラーゲンのうち、40%はお肌にあり、なんとお肌の真皮では、70%もコラーゲンが占めています。

コラーゲンの役割

それでは、お肌やお化粧品、食品などそれぞれのコラーゲンの役割についてご紹介いたします。

お肌のコラーゲン

コラーゲンというとプルプルのイメージがある方も多いと思いますが、あれは、コラーゲンを加熱した状態の「ゼラチン」で、お肌の中での通常の状態ではないんです。
お肌のなかのコラーゲンは、ネットのような構造をつくってエラスチンとともにお肌の構造をつくっています。
そして、この役割は、コラーゲンが、3本の鎖でコイルのようになった螺旋状をして真皮に張り巡らされていることで、できています。
お肌の真皮では、コラーゲンとエラスチンがその構造を形づくるとともに、弾力をもたらし、その間をヒアルロン酸やプロテオグリカンが埋めることでプルプルのお肌をつくっているんです。

お化粧品のコラーゲン

お化粧品のコラーゲンの役割は、お肌のコラーゲンとは異なります。
お化粧品のなかのコラーゲンの役割は、お肌の表面や角質層でお肌の保湿をすることです。
角質層をしっかりと潤すことができていると、お肌のバリア機能が向上し、ターンオーバーも正常化します。そして、その結果、真皮を守ることにもつながります。
ただ、コラーゲンが配合されているお化粧品を使って、お肌の中のコラーゲンを補おうとしても、外側から塗ることでは、お肌の中のコラーゲンを増やすことはできません。

サプリメント・ドリンクのコラーゲン

さまざまな種類があるコラーゲンサプリメントやコラーゲンドリンクですが、効果があるという説もあれば、コラーゲンを摂ってもそのままコラーゲンに変換されるわけではないし、分解されるのでコラーゲンとして身体に吸収されないから意味がない、という声もあって、コラーゲン食品でお肌の弾力が回復するのかということに関しては、今の段階の研究では、はっきりとわかっていません。
コラーゲンを加熱して加工すると低分子コラーゲン、加水分解コラーゲンとも呼ばれる「コラーゲンペプチド」(コラーゲンとアミノ酸の中間的な物質)になります。
多くのコラーゲンサプリメントは、コラーゲンペプチドとして加工されています。
この「コラーゲンペプチド」を摂ると、その一部はアミノ酸に分解されずにコラーゲンペプチドのまま、血管や細胞の中に吸収されることがわかってきました。
コラーゲンペプチドのかたちでなら、お肌や体内でコラーゲンを増やすことが出来るかもしれませんが、まだ研究段階なので、すべてが解明されているわけではありません。

コラーゲン注入のコラーゲン

コラーゲン注射は、美容外科や美容クリニックなどで行われている施術のひとつです。
コラーゲンを注入することで、しわやたるみでへこんでしまったところを、部分的に盛り上げることが出来ます。
効果がすぐ実感できて、施術にかかる時間も短いため人気のコラーゲン注入ですが、その効果は、3ヶ月から半年、長くても1年くらいと一時的で、注射でお肌にコラーゲンをいれたとしても、コラーゲンがそのまま増えるわけではないのです。

コラーゲンのほうれい線への効果

それぞれのコラーゲンの役割と効果をお伝えしましたが、コラーゲンでほうれい線のケアはできるのでしょうか。
前述でご紹介しましたそれぞれのコラーゲンの役割と効果をまとめながら、ほうれい線に効果があるのか、ご紹介していきます。
まずは、優れた保湿成分であるお化粧品のコラーゲンのついてです。

しっかりと保湿をすることで、お肌がハリやツヤを取り戻し、乾燥によるしわや浅いほうれい線を目立たなくすることは、可能ですが、たるみが原因の深いほうれい線を消すことはできません。
次に、食品としてのコラーゲンは、その効果がまだはっきりとわかっていないので、今の段階でたるみによるほうれい線に効果があるとは、いえません。
そして、コラーゲン注入に関しては一時的にふっくらと見せて、ハリを出すことはできてもたるみによるほうれい線を根本から改善することは出来ません。
こうしてみると、コラーゲンを塗ったり、飲んだりして、補うだけでは、ほうれい線を根本的に解決することは難しいそうです。
化粧品成分のなかには、コラーゲンを増やすはたらきをするものもあるので、そういった成分が配合されているお化粧品を使うことで予防美容的なほうれい線対策をすることも、ほうれい線ケアのひとつの手段といえますね。

ほうれい線のケアに大切なこと

ほうれい線のケアで、コラーゲンを増やすことを考えることも大切ですが、減らさないように意識することも大切といえます。
そのために気をつけることは、以下の通りです。
・質の高い十分な睡眠をとること
・日焼け止めをはじめとした紫外線対策
・喫煙習慣を持たない
ほうれい線の対策だけでなく、美肌を保つためにも大切なことなので、生活のなかで意識して気をつけていくとよいですね。

まとめ

コラーゲンの役割やはたらき、ほうれい線への効果についてご紹介をいたしました。
お肌にあるコラーゲン、お化粧品、サプリメントやドリンク、コラーゲン注入、それぞれそのはたらきや役割、効果が異なるということがわかっていただけたのではないでしょうか。
また、ほうれい線のケアには、コラーゲンを増やすことだけでなく、減らさないような生活習慣をすることが大切ということも覚えておいていただきたいポイントです。
この記事がコラーゲンについて知りたい方、またコラーゲンのほうれい線への効果について知りたいという方のお役に立てば、幸いです。

タイトルとURLをコピーしました