酵素洗顔を上手に使って肌悩みを改善!

酵素洗顔で肌悩みの改善を期待する女性 未分類

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の
「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」を参考に、酵素洗顔とエイジングケアの関係や酵素洗顔パウダーを選ぶポイントについてご紹介します。

「酵素洗顔はどんなお肌にも使って大丈夫なのか」
「酵素洗顔で改善できる肌悩みは何か」

など、気になる方はぜひご覧ください。

酵素洗顔とは

酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪などを分解する酵素を配合した洗顔料で洗顔することです。界面活性剤では落とすことができないたんぱく質でできた不要な角質や角栓を取り除くことができます。
酵素洗顔に使われる酵素は、おおむね次の4つの成分です。
・プロテアーゼ
たんぱく質を分解するはたらきがあり、古い角質を分解します。
・パパイン酵素
生きた細胞にははたらかず、不要な角質だけを分解して取り除きます。
・ブロメライン
強い力でたんぱく質を分解します。
・リパーゼ
脂肪を分解するはたらきがあり、皮脂を分解します。

酵素洗顔のメリットデメリット

大きなメリットは、「遅くなったターンオーバーを正常化する」「古い角質・角栓を取り除く」ということです。

いちご鼻や毛穴の黒ずみ、ターンオーバーの遅れによるくすみや大人ニキビなどの肌悩みの方は特にメリットを感じやすいです。酵素洗顔の効果が出るまでの期間は、お肌の質や状態によって異なるので、お肌の状態をみて休止や継続を考えましょう。

一方、デメリットとしては、過度な使用や誤った使い方により、分解する必要のない未成熟な角質や皮脂まで分解してしまうことです。これにより、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れ、乾燥肌を引き起こしてしまいます。また、アレルギーにも注意が必要です。

酵素洗顔の効果

酵素洗顔で改善が期待できる肌悩みには次のようなものがあります。
・ターンオーバーが遅くなり、角質がお肌に留まって厚くなった角質肥厚
・女性ホルモンの乱れやストレスによる肌荒れ、ターンオーバーの遅れによる角質肥厚とお肌の乾燥が原因である大人ニキビ
・皮脂の過剰分泌や酸化、角栓が関係しているのが、詰まり毛穴、開き毛穴、黒ずみ毛穴(いちご鼻)
・角質肥厚によるくすみ、ターンオーバーの遅れによるくすみ、毛穴の汚れによるくすみ

ほかにも、季節とお肌の関係を考えて酵素洗顔を活用するとよいでしょう。
しかし、生理や花粉症で肌荒れしている場合、乾燥がひどい場合などは肌トラブルがひどくなるので、酵素洗顔は控えましょう。
酵素洗顔は夜に週1回から始め、刺激のない方法で行いましょう。さらに、洗顔後の保湿や紫外線対策もしっかり行いましょう。
また、酵素洗顔料を選ぶときは、酵素洗顔が必要かどうか、洗浄力や刺激感、泡立ちや洗顔後の感触が自分に適切かどうかをチェックすることが大切です。

まとめ

酵素洗顔とエイジングケアの関係や酵素洗顔パウダーを選ぶポイントについてご紹介しました。
酵素洗顔にはメリットとデメリットがあること、酵素洗顔の正しい使い方や選び方をしっかり理解しましょう。
この記事を参考に、自分の肌に合った酵素洗顔を見つけて、美肌を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました