デジタルサイネージの魅力

デジタルサイネージ 仕事

最近、街のいたるところでデジタルサイネージの設置が広がっている。

デジタルサイネージとは、ポスターや看板に変わって様々なコンテンツを配信できる広告媒体である。

動画や静止画などの広告からタッチパネル式の情報発信まで、その機能の多さで注目を浴び、市場は急激に拡大している。

駅の構内や商業施設のエントランス、店舗の店先から店内のディスプレイなど、デジタルサイネージを使用した広告や集客は、様々な効果を狙って配信がなされている。

中にはエンターテインメント性のあるタレントを起用した広告や、人の動きに合わせて映像が動くインタラクティブなサイネージなど、話題を呼んでいるコンテンツも少なくない。

 

デジタルサイネージの特徴

 

デジタルサイネージが今までの映像広告と大きく違うのは縦型の表示ができる点だ。

これはスマートフォンの普及で縦画像になれてきた私達にとって親しみやすい表示方法だと思う。もともと日本文化は縦文化なので、デジタルサイネージによる新しい映像表現にも今度期待が持てそうだ。

 

ディスプレイもかなり安価になってきているので、デジタルサイネージの導入を検討している店舗なども多いだろう。

 

デジタルサイネージ導入にあたって

問題はデジタルサイネージの効果を引き出す良いコンテンツ制作ができるかであろうか。デジタルサイネージのコンテンツ制作を得意とする映像制作会社も増えてくるだろうし、価格も下がってくるに違いない。

 

 

大きな可能性を秘めたこのデジタルサイネージという広告媒体が、今後どのように発展していくかに広告業界の関心が集まっているようだ。デジタルサイネージに興味がある方は、ピクトパスカルというサイトの「デジタルサイネージとは」に詳しく載っているので調べてみてはいかがだろうか。

 

タイトルとURLをコピーしました