紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は何が違うの?日焼け止めの選び方

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の入った日焼け止めのイメージ 美容

紫外線対策の必須アイテムといえば日焼け止め。
そんな日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

今回は、ナールスエイジングケアアカデミー編集部の「日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤でどう違う?選び方のコツ!」を参考に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のそれぞれのメリットやデメリット、違いと選び方についてご紹介します。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。

皮膚の表面で紫外線を吸収した後に、化学的にエネルギーに変え放出するものです。
この化学反応で熱を放出するものもあります。
それほど大きなものではありませんが、その熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌に刺激になることがあります。

紫外線吸収剤は、有機系素材であり化学合成された成分のため、「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

紫外線吸収剤のメリットは主に以下の3つがあります。
・肌内部への紫外線の侵入を防ぐ
・UVBのような強い紫外線を防ぐ力が強い
・なめらかな使い心地で無色透明なので白浮きする心配がなく使いやすい

紫外線吸収剤のデメリットは主に以下の2つがあります。
・防御力が高い反面、お肌への負担が大きい
・時間とともに効果が下がる

進化している!紫外線吸収剤

最近では、紫外線吸収剤の研究が進み、肌への刺激が少ないタイプのものも登場しています。
テクスチャーも、さらさらした化粧水のようなものやジェルタイプのものなどもあります。

紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤は、肌の上に皮膜をつくって紫外線を跳ね返し、皮膚へ紫外線が入るのを反射で防ぐ日焼け止めです。

酸化亜鉛と酸化チタンが主な成分で、どちらも白色の粉末です。

紫外線散乱剤は、無機系の素材でノンケミカルの日焼け止めと呼ばれます。

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

紫外線散乱剤のメリットは主に以下の3つがあります。
・紫外線を反射させても熱や刺激が生まれにくく、お肌への負担が少ない
・UVB~UVAと幅広い波長の紫外線に対応できる
・紫外線吸収剤と違って化学変化を起こさないため効果が長持ちする

紫外線散乱剤のデメリットは主に以下の3つがあります。
・白浮きすることがあり、使用感が悪い
・紫外線吸収剤と比べると紫外線防御効果が低くなる
・酸化チタンや酸化亜鉛の光触媒作用によってお肌に刺激を与えてしまう可能性がある

進化している!紫外線散乱剤

紫外線散乱剤も進化しており、白浮きやべたつきなどのデメリットが改善されたものも登場しています。

また、表面をコーティングして光触媒活性を下げることで、光触媒作用のリスクも下がり、酸化のリスクは大きく下がっています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ際には使用場所・場面が重要です。

日常生活で使うなら、お肌への負担が少ない紫外線散乱剤がおすすめです。
反対にレジャーで海や山などに行くときには、防御力の強い紫外線吸収剤の日焼け止めがおすすめです。
使用場所や場面、使用頻度などを考えて、どちらかを選びましょう。

また、SPFやPAの値も参考になります。

さらに、日焼け止めはほぼ毎日使うものなので、使い心地も選ぶ際の重要なポイントになります。
クリームタイプやジェルタイプ、スプレータイプなど、さまざまなタイプのものがあるので、
自分にとって使いやすいアイテムを見つけましょう。

まとめ

日焼け止め製品の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の特徴、メリットとデメリットをご紹介しました。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどちらもメリットとデメリットがあります。
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを理解して、場所や場面に合った日焼け止めの選び方をしましょう。

また、エイジングケアのために正しく使い美肌をキープして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました