紫外線は目から入り、日焼けにつながる!?原因から紫外線予防策まで

肌の天敵である紫外線 美容

だんだん気温も高くなり、日差しも強くなってきましたね。
「まぶしいな…」と感じるようになると、“紫外線対策”が頭の中でよぎるようになり、
自然とドラッグストアへ足を運んでいることってありませんか?

私自身も、できるだけお肌の露出を控えたり、日焼け止めをこまめに塗るなど紫外線対策には心掛けています。
紫外線対策はほかにも方法があるのかと、今回ナールスエイジングケアアカデミー編集部で調べてみました。

そこで判明したことが、“紫外線は目からも侵入してくる”ということです!
今回は「目の紫外線対策!肌が黒くなるのは目の日焼けが原因?」」の記事をもとに、

みなさまにも「目にまつわる紫外線対策」についてシェアしていきたいと思います。

紫外線がおよぼす目へのダメージ

紫外線が目から体内に侵入することで、お肌の日焼けにもつながっています。
これは、脳が体内へ「からだを守れ!」と信号を送り、メラニンという物質を作るためです。
このメラニンは最終的に“お肌のシミ”の原因にもなります。

色素が濃い茶色や黒い瞳を持っている方は、
ほかの色の瞳の方よりも紫外線からの防御力が強いとされています。

しかし、長時間屋外にいたり、習慣的に外で活動される方は、
色素の濃い瞳の方でも、目の紫外線対策をしないと目の老化やダメージが蓄積されてしまいます。
最終的には、目の病気にかかる可能性が高くなります。

紫外線による目の病気

目は死ぬまでずっと健康に保っていたいですよね。
しかし、目の紫外線対策をせずにいると、
将来的に目の病気につながる可能性が高くなってしまいます。

・白内障
・加齢黄斑変性症
・紫外線角膜炎
・翼状片と瞼裂斑

などの病気があげられます。
紫外線はお肌だけではなく、目の老化をも進行させてしまいます。

目を守る紫外線対策とは?

ここまでお読みいただくと、目の紫外線対策の必要性を理解していただけたかと思います。
そこで、みなさまへ目の紫外線対策をご紹介いたします。

目の紫外線対策でもっとも効果のあるものは「サングラスの着用」です!!

「サングラスはちょっと…」
「鼻の部分に跡がついちゃうから」
「化粧がよれてしまう」

など、サングラスに対するマイナスイメージが強いかと思います。
しかし、本当にサングラスをかけるかかけないかで、目の老化の進行度が変わってきます。

・レンズに色がないもしくは薄いもの
・UVカット加工がされている
・紫外線だけではなく、有害光線(ブルーライト)をカットしてくれるもの
・紫外線を吸収して、カットしてくれるもの
・肌に密着するフレームのもの

こういった条件にあてはまるサングラスを選んでいただくと、
目の紫外線対策には効果的です。

「どうしてもサングラスはちょっと…」という方は、

・日傘や帽子の着用
・できるだけ日陰にはいる
・外出後の目のアフターケア

をしていただけると、目の紫外線対策につながります。

さいごに

今回は「目におよぼす紫外線のダメージ」と「目の紫外線対策」ついてお伝えしました。
もっと詳しく知りたいという方はナールスエイジングケアアカデミー編集部「目の紫外線対策!肌が黒くなるのは目の日焼けが原因?」をご覧ください。
私自身も今回の学習で、目にも紫外線が侵入しているなんて驚きでした。
老後もできるだけ健康的なからだで生活を送りたいですね。
そのためには、今のうちからお肌の紫外線対策だけではなく、目の紫外線対策もしていく必要があります。
そのきっかけがこの記事であれば、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。

タイトルとURLをコピーしました