どうやって自分に合うものを選べばいいの?ノンケミカルの日焼け止めの選び方

自分に合うノンケミカルの日焼け止めを使う女性 美容

alt: 自分に合うノンケミカルの日焼け止めを使う女性

最近は、敏感肌などデリケートな肌にも使えて、塗り心地もいいものが多い、ノンケミカルの日焼け止めの人気が高まっています。肌に負担をかけずに紫外線対策をしたい方には、ノンケミカルの日焼け止めはぴったりの商品です。日焼け止めを選ぶ際には、使うシーンや季節などに合った紫外線ブロック力を確かめるのも大切なポイントです。

「でもどうやって自分に合うものを選べばいいの?」本格的な夏になってしまう前に準備しておきたい日焼け止め。今日は、ナールスエイジングケアアカデミー編集部の「ノンケミカルの日焼け止めの選び方とおすすめは?人気11選をご紹介!」を参考にして、ノンケミカルの日焼け止めの選び方のポイントをご紹介します。

1.ノンケミカルの日焼け止めとは?

ノンケミカルとは、肌への刺激が強い紫外線吸着剤を配合せず、紫外線を跳ね返す成分である紫外線散乱剤だけを紫外線ブロックの成分として配合している日焼け止めのことです。

①ノンケミカルの日焼け止めのメリット

ノンケミカルの日焼け止めは、肌への刺激や負担が小さいので、敏感肌など肌が弱い方に向いています。また、加齢でも肌が弱くなるので、エイジングケア世代の方にも向いています。肌の上で化学変化を起こしてしまう紫外線吸着剤が入っていないので、効果が長持ちする点も嬉しいポイントの一つです。

②ノンケミカルの日焼け止めのデメリット

白浮きすることが多く、ベタつきやすいことがもデメリットです。やはり一般的にケミカル日焼け止めと比べると紫外線カット力が低く、紫外線防御効果があまり高くないという点もあります。

2. ノンケミカルの日焼け止めを選ぶポイント

いまやノンケミカルの日焼け止めといっても、さまざまな商品が出ています。最近では、白浮きしにくい、サッパリした使い心地など、従来のノンケミカルの日焼け止めの欠点をカバーしたものが増えてきています。

①紫外線ブロック力をチェック

ノンケミカルの日焼け止めを選ぶポイントは、季節や使用シーンなどに応じて、紫外線ブロック力が十分なものか確かめることです。たとえば、夏の紫外線が強い時期の外出はSPF40以上、PA+++以上のものを使うことが基本です。必要なSPFやPAを理解して、自分に合ったものを選びましょう。

②好みのテクスチャーや使い心地のノンケミカルを!

最近では、ノンケミカルの日焼け止めのテクスチャーや使用感も改良が進み、さらっと伸びるクリームタイプや、すっと馴染みやすいジェルタイプなどがあります。店頭で買うなら、テスターで試してみましょう。通信販売なら、商品説明やお客様の声などをチェックしてみましょう。

③保湿成分や抗炎症成分が配合されたノンケミカルを

ノンケミカルの日焼け止めにはヒアルロン酸(orグリセリン)などの保湿成分が配合されたタイプもあり、お肌の潤いをキープするのに役立ちます。日焼け止めの前にしっかり保湿することが基本ですが、乾燥が気になる方は保湿力を重視してノンケミカルの日焼け止めを選んでみましょう。

④エイジングケアができるノンケミカルを

エイジングケア世代の方は、保湿成分や、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分が含まれているノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。余分な成分が含まれないものを選びましょう。

2. まとめ

いかがだったでしょうか?
ノンケミカルの日焼け止めは、刺激が少なく人気の紫外線対策アイテムです。
この記事を参考に、自分にあったノンケミカルの日焼け止めを上手に選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました