紫外線が、からだの免疫機能を下げる?体調不要や感染症にも注意!

紫外線で免疫機能が下がった女性 美容

紫外線といえば、「日焼けによるシミ、そばかす、シワやたるみの原因になる避けないと」
というのがまず思い浮かぶことではないでしょうか?
とくに女性にとって紫外線は美肌の大敵ですよね。
その紫外線ですが、実は、お肌に悪影響を及ぼすだけではなく、コロナ禍に気になる免疫機能にも影響を与えるのです。
というわけで今日は、ナールスエイジングケアアカデミーの「紫外線による免疫低下は皮膚がんや感染症の原因になるリスクが!」を参考にして、紫外線と免疫低下の関係についてお伝えいたします。

なぜ紫外線が免疫機能を下げるの?

表皮には、「ランゲルハンス細胞」という、細菌やウイルス、化学物質などの侵入を感知するセンサーの役割をもつ細胞があります。
紫外線をたくさん浴びると、活性酸素によってランゲルハンス細胞のDNAが傷いてしまいます。すると、ランゲルハンス細胞のセンサー機能がうまくはたらかなくなり、からだやお肌の危険をうまく伝えることができなくなるのです。
その結果、からだの免疫機能が低下するのです。

免疫機能が低下すると、体調不良や、ウイルスや細菌による感染症にかかりやすくなります。

免疫機能の低下を防ぐための紫外線対策

では、免疫機能の低下を防ぐためには、どのような紫外線対策が必要なのでしょうか?
ポイントをお伝えします。

季節や生活シーンに合わせた日焼け止めを塗る

まずは、お肌を紫外線から守るために、日焼け止めを使いましょう。
紫外線は年中降り注いでいますが、季節や時間帯によって照射量が異なります。
日常生活で浴びる紫外線を防ぐには、SPF10〜20やPA+やPA++で十分です。
自分のお肌に合った日焼け止めを選んで、正しく塗って、紫外線を防ぎましょう。

衣類や帽子、UVカットメガネなどで対策

日焼け止めを塗ることに加えて、ファッションでも紫外線対策をすることができます。
帽子、UVカット加工の衣類、日傘はもちろん、目からの紫外線をカットするために、UVカットメガネやサングラスも大切です。

食事や睡眠などの生活習慣を見直す

たんぱく質、脂質、糖質をバランスよく摂取することに加え、酸化を防ぐビタミンACEを含む野菜や果物を積極的に摂りましょう。
最近の研究では、コラーゲンペプチドを毎日食べることで免疫によいはたらきがあることがわかってきましので、コラーゲンサプリで、紫外線による免疫低下を防ぐことも期待できます。
また、質の高い十分な睡眠も紫外線ダメージの回復に大切です。
毎日の生活の中でもしっかり対策しましょう。

まとめ

紫外線は、肌悩みや肌老化の原因になるだけでなく、からだの免疫低下の原因にもなることをお伝えしました。また、免疫低下を防ぐための紫外線対策のポイントもお伝えしました。
このコロナ禍で、免疫力を低下させないことが特に重要なこの時期に、この記事が少しでもお役にたてれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました