食べるコラーゲンで光老化を予防しよう!

紫外線によるお肌の光老化を気にする女性のイラスト 美容

加齢よりも紫外線ダメージによる光老化の方が肌老化に影響を与えると言われています。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の
「コラーゲンを毎日食べて、紫外線による光老化や肌老化を予防しよう!」を参考に、コラーゲンがもつ効果についてご紹介します。

 

 

コラーゲンとは

コラーゲンの正体は、アミノ酸の集合体である「たんぱく質」で、人のたんぱく質の30%はコラーゲンから成っています。

 

コラーゲンは、人間のからだ全体で6%、お肌の真皮の70%以上を占めています。
1日に必要なコラーゲンの摂取量の目安は5g~10gです。

コラーゲンの種類は主に「生のコラーゲン」「ゼラチンコラーゲン」「コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン)」の3つで、からだが吸収しやすいのは、分子量の小さい「コラーゲンペプチド」です。

 

 

コラーゲンペプチドとは

コラーゲンペプチドには、動物由来と魚由来の2種類がありますが、動物由来よりも魚由来の「フィッシュコラーゲン」の方が、吸収されやすくて臭いも少ないです。

さらに、フィッシュコラーゲンの中でも、良質で安全性の高い、天然魚の表皮由来の「マリンコラーゲン」がおすすめです。

魚由来のコラーゲンペプチドが、紫外線に繰り返しさらされたお肌のダメージを抑制できるのかを検証した研究が行われました。

その結果、コラーゲンペプチドを摂取していると、お肌への紫外線照射による急性のダメージを抑制することが明らかになりました。

つまり、毎日コラーゲンペプチドを摂ることで、日焼けだけでなく、光老化によるお肌の老化を予防できることが期待できるのです。

まとめ

コラーゲンがもつ効果についてご紹介しました。

コラーゲンを摂っていれば、紫外線ダメージの予防にもつながります。
この記事を参考に、お肌の衰え対策、免疫アップも狙って、食べるコラーゲンでからだの内側からケアし、健康や美肌をキープしましょう。

タイトルとURLをコピーしました