【非日常】はとバスツアーで臨む光の絶景

はとバス 日常生活

冬になると寒いけれども見たくなるものとして、はとバスのイルミネーション
挙げられます。

特にテーマパークで開催されているものとなると規模も最大級となり、
非日常的な気分に浸ることができるでしょう。

はとバスでも多くのイルミネーションスポットが設定されているので、はとバスを利用して行くのもまた楽しいものです。

 

■はとバスの人気イルミネーションといえば東京ドイツ村

はとバスを利用していくことができる人気イルミネーションスポットとしては、
まず第一に東京ドイツ村が挙げられます。

千葉県袖ヶ浦市にある、ドイツの田園風景がコンセプトとなったテーマパークです。
イルミネーションはもちろんのこと、
ふれあい動物園や四季折々の花々が綺麗に咲き誇るフラワーガーデン、
アトラクションやゲームセンターなども備わっています。

イルミネーションは毎年テーマを変えて開催されています。

展望台から見下ろす光の地上絵や、観覧車から眺める3Dイルミネーションなどは、昼間とは異なる幻想的な風景を楽しむことができます。

東京ドイツ村へのはとバスツアーは日帰りでも開催されていて、その他にもアウトレットに立ち寄れるものもあります。

■あしかがフラワーパークの藤の花のイルミネーション

そして二つ目に挙げられるものが、あしかがフラワーパークです。

栃木県足利市にある花のテーマパークであり、季節ごとに八つに分かれたテーマの花を楽しむことができるでしょう。

その中でも特に有名なものが、4月から5月に咲き誇る藤の花です。

藤のトンネルなど、他では見ることのできない景色を望むことができます。

冬のイルミネーションは多くの人を魅了していて、ランキングでは5年連続全国一位を受賞したほどです。

4色の光で大藤棚を表現しているものや、白い光で彩られたフラワーキャッスルと
呼ばれるお城、水辺に浮かぶ光の睡蓮など、
美しく幻想的な装飾を望むことができるでしょう。

■まとめ

イルミネーション期間が三つに分けられて設定されていて、クリスマスなどそれぞれのテーマでしか見ることができない演出も多いのが特徴です。

佐野プレミアムアウトレットとセットになったはとバスツアーもあるので、利用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました