終活に必要なエンディングノートとは?基本自由に書ける

エンディングノート 美容

こんにちは。ぽむです。

 

終活の一環として、エンディングノートを作りたいと考えている人も多いかもしれません。

遺言書とは異なりエンディングノートには定められた書き方はなく、基本的には自由に書くことが可能です。

とはいえ何を書いたらよいのか、終活ノートにはどれを選べば良いのかと
気になることがいろいろあるはずです。

残された家族に対し自分が伝えたいことを自由に書き留めておくことができますが、遺産を希望通りに残したいのであれば、法的に絶対的な効果のある遺言書が
必要となることは忘れないでおきましょう。

■エンディングノートとは

エンディングノートは終末を迎えるにあたり、残された家族に自分の考えを伝えるため、残りの人生を良いものにするために使われるものです。

自分が終末医療に対してどのような考えを持ってるのか、財産はどうしたいのか、残りの人生で何を達成したいのかなどを記録することが多く見られます。

法的な力はなく、作成にあたり法的なルールもないので、自分の好きな方法でまとめていくと良いでしょう。

日記のように書いたりパソコンやスマートフォンを使って書く、写真を添付するなどの方法も一つの手段です。

■エンディングノートの役割

自分が亡くなった後や間際に家族に自分の思いを伝えることが大きな役割であるため、自分自身のことは書き記しておく必要があります。

自分の生年月日や住所等店本籍地を書くことで、誰が書いたものなのかが
すぐにわかります。
それだけでなく好きな食べ物や趣味などを書いておくのもよいでしょう。

そして個人情報は、携帯電話やパソコンなど自分が契約しているもの、運転免許証などに書かれている個人情報も、分かる範囲で記しておきます。

ペットを飼っている場合には、残されたペットの多くの情報を書いておきましょう。

その他にも医療や介護について、葬儀や納骨などについても記しておくことが大切です。

また相続財産について整理しておくのも有用な方法と言えるでしょう。
現金や預貯金、不動産や有価証券など様々なものがありますが、生命保険に加入しているのであれば、受取人なども書いておくとよいでしょう。

しかし後々トラブルになることを避けるためにも、終活に必要なエンディングノートは正確に書くことが求められます。

終活に必要なエンディングノート

タイトルとURLをコピーしました