【不動産放棄】手に余る不動産の放棄の方法

土地 仕事

こんにちは、ぽむです。

相続などが生じると、今自分が住んでいない場所に、不動産を得る時があります。

ですが、特に使う予定もないし、田舎で売る相手もいないとなると、その処分に困ってしまう時もありますよね。

そんな時の解決策として、所有権を放棄するということが考えられます。

ただ、所有権を放棄するにも、所有権は時効消滅しないので、ただその土地を放置すれば良いというわけではなく、適当な手続をする必要があり、正直非常に面倒です。

そこで今回は、その所有権放棄をサポートするサービスについてご紹介していきたいと思います。

 

所有権放棄サポートセンターとは

土地の所有権放棄サポートセンターでは、上記のように、行き場を失った土地の所有権の放棄を代行してくれます。

正確にいうと、サポートセンターの方に所有権を移転するのですが、そうすることであとはその土地のことを全く気にすることがなくなります。

放棄したいケース① 相続で土地の状況が不明

具体的なケースとしては、相続したものの、その土地がどうなっているのか予測がつかなかったりして放置しているような場合がまず挙げられます。

 

放棄したいケース② 無料でも手放せない

変な場所の土地で、タダでも引き取ってくれる人がおらず、多少お金を払ってでも手放したいといった場合が考えられます。

 

 

サポートセンターの特徴

「今の」ままの状態で手放すことができる

普通、土地を売買する場合には、様々な条件が課されます。そのままで、という場合もありますが、〇〇の整備をしてから渡せ、××は取り除いてからわたせ、などと条件が課されることが多いです。

しかし、正直面倒ですよね。普段自分が管理していないところであれば尚更。

ですが、こちらのサポートセンターでは、そのような条件はなく、そのまま渡すだけでよく、楽ちんです。

タイトルとURLをコピーしました