【副業者必見】副業に役立つ貸し住所とは

私書箱 未分類

こんにちは、ぽむです。

最近は、コロナの状況が落ち着いてきてはいますが、自分のしている仕事がどうなるかは、やはりまだまだ先が見えない状況なのは、変わりがありませんよね。

そんな中で、副業をやりたい、ないしはもうすでに副業を始めている、という方も少なくないと思います。もっとも、副業をしていると、住所、という観点で問題になることが色々あります。

そこで今回は、そんな悩みを解決する、貸し住所・私書箱というものについてご紹介できれば、と考えております。

 

貸し住所とは

貸し住所とは、その名の通り、住所を貸す、ということです。つまり、自分の本当の住所ではないところを、住所と同様に活用することを指します。
貸し住所を設定することで、そちらに荷物を届けてもらうことができます。

 

副業でも、個人情報保護でも

ではそんな貸し住所ですが、どんな場合に使えばよろしいのでしょうか。

まず考えられるのが、副業用の郵便物の受け取り場所です。

副業をされている方は、おそらく会社員などで、自営業という方は少ないと思います。そのため、多くの場合に作業するのは自宅でしょう。

もっとも、副業関連のものを全て自宅に届けられてしまうと、スペースや、管理上の都合から、困ってしまうこともありますよね。そんな際に、貸し住所の出番があるでしょう。

また、個人情報保護のために使うことも考えられます。
これは、ネットショッピングなどをよく利用する人が、毎回自分の住所を登録すると、少し不安な場合がある、というニーズに応えたものだといえます。

 

どこで貸し住所・私書箱を獲得するのか

もっとも、どこで貸し住所を獲得するか、よくわからないという方もいらっしゃると思います。

そこで、私が調べてきた私書箱サービスを紹介します。

eポスト私書箱

こちらでは、東京での私設私書箱を提供しています。気になった方は、是非ともご覧になってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました